スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

とあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとあるとある

はい、どーもwもこちです!

今日も小説書いていくよー

つまらんかったら閲覧スルーでおっけーだー!

読んだら出来ればコメくれるとうれし。


こめんと返信

>かじゅ
んービクトーリア最強設定だから仕方なかった。

他の能力は・・・

>ゆっきー
勘がいいですね(キリッ

ゆきと名前そろそろ変えるか
ゆっきーの本当の感じ使うのはあれだから
遊佐の遊に希で遊希にするか。なんか感じダメかな?w

>ツルギ
仕方がなかった、とでも言っておこう。

>ぴよりむ
ビクトーリアの顔は馬だよ(´・ω・`)一応仮面だけどねw

>れおそ
乗れる曲は弾いてて楽しいと思います!

動画見てきました、めっちゃピロピロっていうかかっこよかったですイントロかっこyかたtです

>ちゃちゃみん
き、気のせいだよ・・

クライマックス・・・なんでしょうかね・・・?






img1.png第24話


前回のあらすじ

ビクちゃん優勝。



ここはどこだ・・・?

清潔感の溢れる部屋。

窓から差し込む暖かな日光。

どうやらここは保健室のようだ。

カズヤ「そうか・・・俺は試合で気絶して・・・」

カズヤはベッドから起き上がる。

「ガチャ。」

保健室のドアが開く。

ビクトーリア「ういーっすー!調子はどーだ?」

ビクトーリアと五条さんとゆきとが部屋の中に入ってくる。

と・・・もう一人?誰だこいつは。

カズヤ「おう、悪いなw俺はこの通り全然大丈夫だ。それよりその後ろにいるの知り合いか?」

軌跡「ボ、ボクのことかなぁ?///ボクは軌跡っていうんだぁ///よろしくねっ////」

カズヤ「あぁ、よろしく。」

カズヤは軽く挨拶する。

ビクトーリア「保健室に来る途中に会ってさ、お見舞い行きたかったんだとよ。別にいいだろ?」

カズヤ「ん、あぁ別にかまわないが・・・」

なんつーかもうちょっとビクトーリアも考えてほしかったな。

コイツなんかくねくねして気持ち悪いし。

軌跡「さっきからなんでボクばっか見てるの?///照れるじゃんっ!///」

見てねーよ。ていうか腰振るな気持ち悪い。

カズヤ「大会は、どうなったんだ?」

ゆきと「ビクトーリアさんの圧勝だったぜ!」

ゆきとが元気よく答える。

カズヤ「さすがだな。」

カズヤはビクトーリアの肩をポンポンと叩く。

五条「私のせいで、、すいません。」

五条さんは頭を下げる。

カズヤ「いや、五条さんは悪くないよ。俺が弱かったのが原因だし。」

ビクトーリア「いやぁwでも大したもんだよ。いきなりあんなデカイ奴呼び出しちまうなんてw」

カズヤ「俺もびっくりした。でも、召喚した瞬間力がフッと抜けて、、、」

ビクトーリア「召喚は召喚者の体に負担を与えるからな。しょうがないさ。
       召喚について教えた俺にも責任はあるがな。」

カズヤ「どうせ、あのままだったら負けてたさ。」

ビクトーリア「というわけで俺にも責任があるということでお前にいいことしてあげるぜ。」

カズヤ「いいこと?マッサージとかか?」

ビクトーリア「いんや。整形だよ。」

カズヤ「はっ!?」

カズヤは驚きの顔を見せる。

ビクトーリア「俺の能力の一つで整形できるんだよ。草なぎじゃかわいそうだがらな。」

2011y01m18d_004412062.jpg

カズヤ「それはつくづく思っていたが。。。
    作者さんひどい顔にしてくれたなって思ってたからな。」

ゆきと「いいじゃんいいじゃん!やろうぜ整形!」

こいつ・・・完全におもしろがってるな。

五条「私もビクさんの能力を拝見してみたいです。」

ご、五条さんが言うなら・・・

軌跡「ボクももっといい男になるカズヤ君も見てみたいなっ///」

・・・やっぱりやめようかな。

ビクトーリア「まぁ数秒で終わるからちょっと横になってくれ。」

カズヤはベッドに横になる。

ビクトーリア「行くぜ。」

ビクトーリアはカズヤの顔に手を乗せる。

ビクトーリア「ハァァァァ!」

ビクトーリアが力を込めるとビクトーリアの手が光りだし、カズヤの顔を光で包む。

ビクトーリア「・・・・・・・・・・・終わったぜ。」

ビクトーリアがカズヤの顔から手を離す。

五条「・・・!」

ゆきと「うおっ!」

軌跡「///////////////」

ビクトーリア「鏡を見てみな。」

カズヤはおそるおそる保健室にある鏡を見る。

5865923.jpg

カズヤ「うはwww誰だよこいつwww」

ゆきと「やべえ!超かっこいいぞ!」

軌跡「ほれちゃいそう///」

五条「すごいですね!」

ビクトーリア「どうだ?フッフッフ。これが俺のクリスマスプレゼントってことで。
       あ、整形で思い出したんだけど俺がこの馬の仮面かぶってる意味ももうないな。」

515143_20110118213928.jpg

カズヤ「どういう意味だ?」

ビクトーリア「実はお前に俺が能力者ってことがわからないように
       この馬の仮面かぶってカモフラージュしてたんだ。」

カズヤ「意味がわからん。むしろそれ被ってるほうが怪しいだろ。」

ビクトーリアはもそもそと仮面をはずす。

3228086.jpg

キリッ

カズヤ「・・・・!?」

ビクトーリア「よう。これが本当の俺だ。」

ゆきと「お前・・・やるな!」

何が?

五条さん「素晴らしいテクニックですね。」

え?何が?みんなボケてんのこれ?

軌跡「あなたもいい男なんですねっ///」

・・・

カズヤ「お前、そっちのほうがいいじゃねえか。」

ビクトーリア「ハハっそんなこと言うなってw照れるじゃねえか。
       まぁ、そろそろ閉会式始まるみたいだし、行こうか。」




次回に続く。


_____________________

なんだかまたカオスになりそうな予感。

誰がこうなることを予想しただろうか
スポンサーサイト
21 : 52 : 23 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<つまり、ショートカットはかわいい! | ホーム | めろでぃっくすぴーどめたる>>
コメント
誰だよwww
草なぎどこ行った?www
by: ツルギ * 2011/02/23 23:39 * URL [ 編集] | page top↑
おいwww
その変なくねくねした奴NGにしろ!
ブラリス安定( *`ω´)

そして
どうしたこうなった。
by: ほむら * 2011/02/23 23:59 * URL [ 編集] | page top↑
軌跡wwww

まじワロタ

飛び飛びで見てたから
ビクトーリアさん女だってずっと思ってました(テヘッ
by: hayato * 2011/02/24 00:06 * URL [ 編集] | page top↑
遊希おk!

軌跡きたwwwww

まぁまだおれの小説の軌跡のリアリティさには負けるな!

by: ゆっきー * 2011/02/24 00:32 * URL [ 編集] | page top↑
わらたwwwwwwwwww
ビクトーリアイケメンすぎるwww
by: 紗葵(れおそ) * 2011/02/24 00:45 * URL [ 編集] | page top↑
ビクトーリアwwwwwwww

おいww俺さすがにそこまできもくないwwwwww

俺だって誰にでもデレる訳じゅないんですよっ//
by: 軌跡 * 2011/02/24 01:26 * URL [ 編集] | page top↑
もこもこの小説にも軌跡だしたのかwww

ここからさらにカオスになりそうですね★
by: 聖 * 2011/02/24 08:19 * URL [ 編集] | page top↑
軌跡NGだわwwwwwwww
そんなのだしたらぜってぇおもろなるだろww
軌跡とかドーピングだわwwwwwww

つか整形とかなんだよww
何でもありかよww
てか
そこはガチブサイクでもよかっただろw
by: かじゅ * 2011/02/24 16:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。