スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

なんだかカオスに。

えーとなんていうか

小説カテゴリ作ったのでまとめて見たい方はどぞ。

いないと思うけどw

んで続きに小説続きありますよ。


そういえばもんはんやっと大剣の使用回数500回超えて称号もらいましたよと、


コメ返

>私の尊敬するギタリスト様
やはり天宮さんは違いますね!
勉強出来て楽器できてイケメソ…
あなたこそ神ですね!?

>やみとさん
実は1月入ってから毎日更新してるんですよ←

>かずほさん
ベース高いよねww
ていうかベース弦ってどうやったら切れるの?w

やらしいこと考えてるからだ!!

>ツルギさん
今日はさすがに危ないと感じたので
Writingの時間は窓側に席移動してゲームやりました。

>ゆきとさん
規模が違いますね
爆発予告とかテラかっけえw

>ちゃちゃさん
長文こめんとどーもっす

俺なかなかの強運持ってるのでバレたことねえっすw



でわ続きどーぞ

___________________________


img1.png第七話
               タイトルのやつ作、ふぇありーさん様

?前回のあらすじ?

カズヤピンチ。




ビクトーリア「お前も能力を持っている!」

ビクトーリアの言葉に!?という顔をするカズヤ。

カズヤ「俺に能力・・?」

ビクトーリア「いいから右手に炎をイメージしながら集中してみろ!」

カズヤ「!?ビクトーリアお前は一体?」

カズヤは言われるがままにやってみる。

カズホ「今更何が出来るんだよ!お前に能力なんてねえよ!死ねぇ!」

と浮かせた水風船を飛ばしてくる。

・・・その瞬間だった。

カズヤの右手が光りだし、カズヤの右手に炎が纏う。

カズヤは何が起きたかわからない状況だ。

ビクトーリア「それが能力だっ!」

カズヤは前から飛んでくる水風船を弾き飛ばすように

右手をなぎ払うと炎が大きく扇みたく変化し、飛んできた水風船を焼き尽くす。

カズホ「なんだと・・・!?」カズホは驚く。

2011y01m04d_031201670.jpg

カズホ「だが・・・能力を発動させたところでお前が勝てると決まったわけじゃないぜ。」

そうだ、その通りだ。よくわからない能力が発動したところで

勝てるわけじゃないし、なぜ俺に能力があるのかも謎だった。

ていうかまず能力って何やねん。

一つわかったのは炎はカズヤの思いのままに操れるということだ。

これはなかなか爽快で楽しい。

まぁ遊んでる場合じゃないとカズヤは思い、真剣になる。

しかし、水風船を普通に投げても念力でねじ曲げられてしまうし・・・

ふとカズヤはカズホが言ったことを思い出す。

『物体を念力で自由に操ることが出来る。まぁ限度はあるけどな。
 例えば他人の能力そのものを操ることは出来ない。』

そう。つまり俺の能力そのものを操ることは出来ない。

カズヤ「ならばこうだ!」

カズヤは水風船を手に取り右手の炎で水風船を包んだ。

カズヤはどや?という顔をしながら言う。

カズヤ「能力で水風船を包んじまえば操れないだろう。」

カズホ「しまっt!」

カズヤ「これで終わりだぁ!」

カズヤは炎を纏った水風船を全力で投げる。

水風船は一直線にカズホに目がけて飛んでいく。

カズホ「くそっ曲がれ曲がれ!」

しかし能力を纏った水風船は操ることは出来ず、カズホの最後の一発が当たる。

「ぐああっ!」

・・・ばた

カズホはその場に倒れる。

カズヤはカズホの元へ行く。

カズヤ「ふん、その能力ってやつに頼りすぎたのが敗因だな。もうちょっと頭使え。」

と、捨てゼリフ

中二病おつ。

「第一試合の勝者はカズヤ選手です!」

「おおおおおおおおおおお!!!」

会場がわいた。

まぁそれよりもビクトーリアに聞かねばならないことがあるな。

カズヤはビクトーリアの元に近寄る。

カズヤ「おい、ビクトーリア、能力のことなんだが」

ビクトーリア「あぁ、教えてやるよ。ちょっと着いて来い」

2011y01m19d_220349670.jpg


カズヤ「おk」




次回に続く。



_____________________


毎度購読ありがとうございます

感想とかくれるとうれしいですね。

スポンサーサイト
20 : 30 : 16 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<もはやこれは小説なのだろうか。 | ホーム | 今日も日記です。>>
コメント
右手からファイヤーwwww
なんか右手だと不幸少年を連想しますwww
by: ツルギ * 2011/01/27 20:34 * URL [ 編集] | page top↑
勉強はできないよww高校入ってから周りのやつらが頭良すぎてやばいです\(^o^)/
まじで脳味噌分けて欲しいくらい必死に勉強しても順位一桁行かないww
そうか、俺もいつの日か小説に出よう(・∀・)
by: 紗葵 * 2011/01/27 20:54 * URL [ 編集] | page top↑
カズヤつよくねwwww
どこの少年漫画wwwww
by: やみと * 2011/01/27 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
右手ロムでファイヤー!!

爆破予告はまじ楽しかったwww

小説面白いよ!!俺のなんかより比べ物にならないくらい・・・・
by: ゆっきー * 2011/01/28 00:17 * URL [ 編集] | page top↑
何かバトルが始まってる(('Д゜))

水風船じゃなくて間違って人に当たったら
ドウナルンダロウ

焼き尽くされちゃうの!?
by: ぴよ * 2011/01/28 05:13 * URL [ 編集] | page top↑
まーがっれ↓
by: かずほ * 2011/01/28 17:35 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。