スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

とある私立の日体学園Ⅱ 第7話

今週真面目に受けた授業は世界史だけです笑


こめへん

>ヨウ様
背景はいつも拾ってきています笑
これくらいの絵が書けたら小説なんて書かずに絵描いてますわw

>ゆっきー
多分どうにもならないんじゃね?

>くま
下手にBOSSとか高いの買うよりイイっていう話は聞くぜジョニー
ギターとかにも改造ってあるけどよーわからんわ

>たーしゃまん
出せる程のクオリティないよ・・・w
はがないのメンバー可愛いけど性格がマジムリだわw

>やみとさん
ビクさんくたばってますよ









img1a.png

第7話


今回非常に意味不明なのでなんとなーくで読んでください

最後にまとめちゃうので笑



前回のあらすじまんすじ

カズヤとシェリーが対立んつん

小説まとめ


カズヤは大きい部屋に入り、シェリーと5mくらいの距離まで近づく。

五条さんは念のため、部屋の外で隠れてもらうことにした。

カズヤ「お前は誰だ!」

カズヤは声を荒げる。

シェリー「私はシェリー・メイデン。別にこの子に危害を加えるつもりはないから安心して。あなたと話がしたくてね。」

カズヤ「なら、直接俺に言いにこればいいじゃないか。遊希を巻き込む必要なんてないだろ。」

シェリー「私はゆっくり話がしたいのよ。君、いや、カズヤ君は手が早そうだから、こうしておけば下手に手出せないでしょ?でも、何か変な動きをしたらこの子を殺すからね?」

シェリーは不適な笑みを浮かべる。

カズヤ「く・・・それで話ってなんだ。」

シェリー「単刀直入に言うわ。あなたの能力を私に頂戴。いや、返して欲しいのよ。」

カズヤ「返す?どういうことだ?」

シェリー「カズヤ君が使っている炎の能力は元々、私の物なの。その私の能力をカズヤ君の親に吸い取られてしまったのよ。そしてその吸い取られた能力がカズヤ君に遺伝した、ということよ。」

カズヤ「能力を吸い取られた?そんなことできるのか?」

シェリー「あなたの親の能力は"他の人の能力を吸い取ることが出来る"能力なの。無論、私もね。」

カズヤ「能力は親から遺伝するって聞いたけど、それなら俺も"能力吸収"の能力を持っているんじゃないのか?」

シェリー「子供に遺伝する能力は親の持ってる能力のうち、強い能力が優先されて遺伝されるのよ。カズヤ君の親は自分の能力より、私から吸い取った炎の能力の力のほうが強かったみたいね。

シェリーは続ける。

シェリー「例外もあるわ。例えば、私のように能力を2つ遺伝することもある。滅多にないけどね。」

カズヤ「よくわからんが、俺の持ってる炎の能力は元々は俺の物じゃなくてシェリーの物。だから返して欲しい。と?」

シェリー「まぁそういうことね。あともう一つあるの。これが大事なの。」

カズヤ「ん。」

21357821.jpg

シェリー「他の人から吸い取った能力は吸い取った本人以外が使うと危ないのよ。例えば、カズヤ君みたいに親から遺伝してる人とかね。」

カズヤ「危ないってどうなるんだ?」

シェリー「他人の能力を使い続けると、能力が制御出来なくなって暴走するのよ。まぁ、軽くこの町は消えるでしょうね。そして、その暴走を止めるために私が来たのよ。途中でビクトーリアに邪魔されたけど。」

カズヤ「ビクトーリアに何かしたのか?」

シェリー「えぇ、死なない程度にやらせて頂いたわ。今頃病院で寝てるんじゃないかしら笑」

カズヤ「く・・・」

正月からビクトーリアに連絡つかないのはこいつが原因か。

シェリー「まぁそれはおいといて、話はわかったかしら?能力を返してくれれば暴走もせずに一件落着よ。」

カズヤ「俺の友達に手出した奴の言うことなんて聞けるか!」

シェリー「友達…ねぇ…。」

シェリーが意味深な顔をする。

そのときだった。

五条「カズヤ君!こっちは大丈夫よ!」

五条さんは気づかれないように部屋に入り、遊希を抱えていた。

シェリー「なっ・・・?」

シェリーは唖然とする。

よくバレなかったな。

でも、

カズヤ「五条さん、ありがとうございます。」

カズヤは五条さんに一瞥すると右手にボワッと炎を灯す。

シェリー「あーあ、これは穏便にはいかなさそうな感じね。」

カズヤ「ビクトーリアの仇、今取ります!」




続く







意味わからんので簡単にまとめ。


シェリーの能力は他人の能力を吸い取る能力。
カズヤの親の能力も他人の能力を吸い取る能力。
カズヤの親がシェリーの能力を吸い取り、それがカズヤに遺伝した。
つまり元々はカズヤの能力ではなくシェリーの能力。
だからシェリーは吸い取らせて返して欲しいといっている。
他人の能力を使い続けると能力が制御できなくなり、暴走する。
カズヤが能力をシェリーに返せば、シェリーの能力も元に戻る、暴走も抑えられる。

これらが本当かどうかはわからないけどね。



ちんぷんかんな設定作ったせいで終わらなくなったわ
スポンサーサイト
23 : 22 : 03 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<Holy Wars The Punishment Due | ホーム | とある私立の日体学園Ⅱ 第6話>>
コメント
No title
ちょっとかっこよくねえか!
SFっていいよな俺も書いてみたい
by: ゆっきー * 2011/11/11 16:31 * URL [ 編集] | page top↑
No title
今週 ノシがいっぱいだったwwww
これで日本史8日連続
by: 規介 * 2011/11/11 18:29 * URL [ 編集] | page top↑
No title
やべえBECKおもしれえw
いろんなところにレッチリの
ネタが入ってていいb
by: Ankh * 2011/11/11 23:31 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。